【エロ体験談】同じ職場の熟女ババアを口説き落として性処理セフレにした話

私は大学生で、おばさんばかりの職場でパートとして働いています。

熟女好きの私にとって、この職場はまさに天国でした。そして、その中の一人と特別な関係を築き、お互いの性的な欲望を満たすセフレになりました。

そのおばさんは名前をY恵といいます。ある日、二人で飲みに行った際に下ネタの話題で盛り上がりました。

「熟女の魅力を味わってみたいな」
「Y恵さんの魅力に触れてみたい!」

と、勇気を出して口説いた結果、ホテルに行くことになりました。

驚くべきことに、Y恵は変態的なM性で、私に敬語でチンポを求めてくるのです。

私もその雰囲気に乗って、

「Y恵は特別な存在だな。私の癒しの相手としていろんなことを楽しもう」

なんて言ってしまいました。

初めは引かれるのではないかと心配しましたが、むしろY恵は興奮したようで、

「お願いします」

なんて変態な返答をしてきました。

熟女だけあって、彼女のテクニックは素晴らしく、フェラの際には丹念に私の玉まで舐めてくれました。

私もY恵の黒ずんだ乳首を舐めまくり、指を彼女の秘部に挿入して潮吹きさせました。

挿入後は様々な体位を試みようと思いましたが、気持ちが高まりすぎて正常位だけでイッてしまいました(笑)

後で聞いたところによると、Y恵は旦那との関係が2年以上も冷え切っているようで、そんなことから彼女の腋毛が少し生えていたようです(笑)

私とY恵はセフレとなり、月に何度かお互いの性的な欲望を満たす関係を築いています。