【エロ体験談】出会い系サイトで豊満ムッチリ熟女と出会えて太腿コキを知ってから太腿が好きになった話

私は中年の独身者で、性的な欲求を出会い系で解消している日々を送っています。

最近、その影響で新たな性的な嗜好が目覚めました。

R子との出会いは夏のことで、35歳の彼女は写真以上にふくよかな魅力的な熟女でした!

ホテルに行き、服を脱ぐとますます彼女の肉感が際立ち、R子は自慢のIカップのバストを持っていると語りました。

さらに驚いたことに、R子はその肉感を活かして私のペニスを太ももで擦ってくれるんです。

R子はぽっちゃりとしていても、美しい白い肌と毛のない美しい脚を持っています。

私の興奮したペニスを太ももで挟む瞬間は、彼女の美しい脚を汚しているという感覚に満たされました。

「気持ちいいでしょう?」

いたずらっぽい表情でR子が私にささやきます。

私はうなずくだけで、我慢できずに絶頂へと至りました。

ペニスを抜くと、R子の白い太ももが精液まみれになっており、

「わぁ、たくさん出たね」とR子が指で精液をすくいます。

その光景がまたエロティックで、私は絶頂したばかりなのにR子に抱きつき、セックスを求めました。

抱き合い、体を絡めるたびに、R子の太ももの温かい感触を感じながら、私たちは快楽に浸っていきました。

正直なところ、私はその時の太ももプレイの方が気持ちよかったので、太ももフェチに目覚めました。

その後、セックスの後に再び太ももプレイをお願いし、久しぶりに3度も絶頂しました。

以来、私は普段のエロ動画でも太ももに焦点を当てた作品を見るようになり、街でも女性の太ももばかりを見つめてしまうようになりました。