【エロ体験談】金銭面に悩む人妻デリヘル嬢をナンパして専用セフレにした話

独身の私はセックスの機会に恵まれず、自由に使えるお金は多いという特典があります。

デリヘルを利用して性欲を解消していましたが、毎回高額な料金を支払うのは負担になってきました。

そこで、セフレを作ることを考えました。狙い目は人妻や熟女です。

若い女性に比べ、経験豊かで魅力的な人妻や熟女がデリヘルで働いている場合、お金に困っている可能性が高いと思いました。

私はある人妻デリヘルでR子という女性を指名しました。彼女は普通の容姿で、年齢相応の魅力を持つ熟女でした。

おそらく稼ぎも少ないだろうと予想し、有料オプションをいくつか選んでR子を喜ばせました。

それによって、R子は私に対して好意的な態度を見せてくれたので、口説くのは比較的簡単でした。

R子: 「私のどこが気に入ったの?」

私: 「写真を見た時に一目惚れしちゃいました、可愛くて」

彼女の外見に対して褒め言葉を使い、R子を喜ばせるようにしました。

このアプローチが効果的だったのか、実はR子は内緒で特別なサービスをしてくれることになり、私とはラインで連絡を取り合うようになりました。

それをきっかけに、私はデリヘルを介さずにR子と会うようになり、セックスをする関係になりました。

私たちは人妻であるR子と恋愛関係になるつもりはありませんでした。私とR子はセフレの関係です。

お金に困っているR子にとって、安価な食事でも奢ってもらえることは喜びであり、私は彼女を手頃なセフレにしました。

これにより、セックスに困ることはなくなり、欲求が湧いたらR子を呼び出して快楽を得る生活を送っています。