【エロ体験談】愛妻のドM調教で得た征服感に酔いしれる

私はドSな性格で、愛する妻に対して調教を行い、彼女はその過程で徐々にドMな性格に変わっていきました。

「調教」という言葉を使うと冷たい印象を与えるかもしれませんが、私は妻を心から愛しています。

私がドSであるからこそ、プレイによって得られる征服感はたまらないのです。

セックスの際、私は妻の人格を否定し、彼女をメス犬のように扱い、犬のリールを首輪として装着します。

私: 「私の犬になれて嬉しいんだろうな?」

妻: 「嬉しいです」

私: 「こんな恥ずかしい姿をさせられても嬉しいのか?」

妻: 「嬉しいです」

妻が微笑みながらそう答える表情を見ると、私のドSな喜びが満たされます。

妻を全裸で首輪姿のまま四つんばいにさせ、家中を散歩させると、私の視界には妻の黒ずんだ肛門が映ります。

私: 「ケツの穴をこんなに丸出しにして、おまえは本当にメス犬だな。どんな穴をしているのか教えてやろうか?」

妻: 「そ…それは…」

彼女は美しい白い肌を持っているため、その醜い部分を指摘されると否定するでしょう。

その恥辱に満ちた声が私の心を刺激し、ドMな妻はますます濡れてくるのです。

妻が這った場所には愛液の水滴がいくつか残っており、その正体は明らかです。

ドM調教を受けた妻は、人格を否定されるような扱いをされることで性的に興奮し、ベッドで完全に支配してやります。

セックスの際は首輪を引きながらフェラをさせ、土下座で挿入を懇願させ、征服感を得るのが私のスタイルです。

そして、妻とのセックスの後、私はこの時だけ素直に「愛してる」と言うことができるのです。